Formula1

速報!2021年F1アメリカGP予選結果のまとめ!HONDA勢トップ10入り

みなさんお疲れ様です。

ぼーです。

アメリカ大陸にF1が戻ってきました。

我々日本からGPレースを見るには時間的にきついですが、楽しいレースを期待して楽しみましょう。

2021.10/24の早朝にアメリカGP予選が行われました。

本記事は予選のまとめとなりますので、最後までお付き合いください。

速報!2021年F1アメリカGP予選結果のまとめ!HONDA勢トップ10入り

Q1 フェラーリとマクラーレンが速い

出典https://twitter.com/f1?s=21

予選20〜15位を決めるQ1がスタート。

予選で雨予報があったためか、各車早い段階からコース上に出てタイム計測をしていました。

出典https://twitter.com/f1?s=21

セクター3で渋滞。

各ターンでクールダウンの車に邪魔されるなど、タイム計測する際の混雑が目立ちました。

タイヤの寿命を縮めたくないためにクールダウン走行はゆっくり走っていたそうです。

メルセデス勢のタイムがあまり良くなく、レッドブルの1,2位。

マクラーレンの2台が続き、フェラーリのサインツに続いてメルセデスが居る順位で、メルセデス有利と言われたオースティンサーキットですこし波乱が起きてるように思いました。

マクラーレンとフェラーリがかなり良さそう。

リカルドがノリスを上回る動きも目立ちました。

大きな混乱もなく、Q1は終了。

出典https://twitter.com/f1?s=21

16 – Stroll
17 – Latifi
18 – Raikkonen
19 – Schumacher
20 – Mazepin

ラッセルのQ1突破はもう常連になってきましたね。

アストンマーティンのストロールが落ちたのは意外でしたが、PU交換でグリット降格ペナルティーのあるベッテルが突破してるのを見ると、チームオーダーでベッテルにタイム出さないように苦言しなかったのかなと気になりました。ストロールぱぱの指示

メルセデス勢はタイムを伸ばせずで、どうしたんだろ?と言うQ1でした。

Q2 HONDAエンジン勢、全車Q2突破

メルセデス・レッドブル・マクラーレンの2台、ガスリー、ルクレール 、オコンはミディアムタイヤでスタート。

デグラデーションが大きいオースティン、ソフトより戦略の幅が広がるミディアムタイヤで各車スタートしたい姿勢が見えます。

Q1でタイムが今ひとつだったメルセデスは、タイムを上げ始めました。

しかしノリスとルクレールの速さはあるようで、ハミルトンとボッタスの間に割り込み、面白い展開を見せてくれます。

ペレスとリカルドはトラックリミットを取られ、少し厳しいQ2。

フェラーリとマクラーレンが調子がいいこともあり、アルファタウリはぎりぎりでQ2突破を目指すことになりそうです。

出典https://twitter.com/f1?s=21

11 – Ocon
12 – Vettel
13 – Giovinazzi
14 – Alonso
15 – Russell

アロンソはオコンにスリップストリームを使わせる戦略で、オコンに貢献しました。

角田選手も無事Q2突破となり、HONDA勢は全車Q3に進出します。

Q3 フェルスタッペンのポールポジション!ペレス3位

出典https://twitter.com/f1?s=21

Q3スタートしてすぐメルセデスがコースイン。

全車タイム計測する早めの動き。

それぞれ1回目のマイム計測を終えて、

なんとペレスが1位タイムを計測しました。

サーキットは大盛り上がりで歓声が湧きました。

ペレスに続いてフェルスタッペン、ボッタス、ハミルトン、サインツの順位。

レッドブルのポールポジションの可能性が出てきました。

フェラーリがマクラーレンの2台を上回ります。

アルファタウリはガスリー9位、角田10位。

各車2回目となる最後のタイム計測。

あまり自己ベストが出なくなりました。

風や少し雨の影響もあったようです。

初めにハミルトンが自己ベストを更新できないセクターがありながらも計測を終えて1位。

続いてフェルスタッペンがセクター1を全体ベストでタイム計測を終え、ハミルトンを抜いて1位を取り返す。

ペレスは自己ベストで走っていましたが僅かにタイム及ばずで3位。

フェラーリがマクラーレンとのコンストラクターを争う上で大きい仕事をしました。

マクラーレンでは、ノリスよりリカルドの方が早くなっており、更なる速いマクラーレンに期待出来ます。

フジテレビNEXTをJ:COMで視聴すると、 年間5,148円お得にF1観戦 が出来ます

フジテレビNEXTをJ:COMで視聴すると、 年間5,148円お得にF1観戦 が出来ます

2021年F1アメリカGP予選結果のまとめ!HONDA勢トップ10入り

出典https://twitter.com/f1?s=21

結果はこの通りです。

ポールポジションを取ったのは、マックス・フェルスタッペン。

ハミルトンは2位、ボッタスは4位。

レッドブルとメルセデスが交互にグリッドにつくことで、決勝が面白い展開になりそうです。

と言うか、やっとメルセデスに対してレッドブル2台で戦える。

オースティンはメキシコが近い事もあり、ペレスファンが多く居ました。

チェココールもあったり、メルセデスよりレッドブルファンが歓声を聞いてると多いように思います。

前評判ではメルセデス優位とされていたサーキットでレッドブルがポールポジション取った事は、今後のレースに向けて勢いがつきます。

出典https://twitter.com/f1?s=21

アメリカGPの決勝は日本時間10/25 朝4時スタート。

みなさんが応援するドライバーやチームが事故なくベストを尽くせるレースを期待しましょう。

追記

部品交換によるグリットペナルティーがあります。

18位.ベッテル、19位.アロンソ、20位.ストロールからのスタートとなります。

2021年F1アメリカGP決勝まとめ1/2スタートでハミルトンがフェルスタッペンを抜く 皆さんお疲れ様です。 ぼーです。 いやーアメリカGP、時間的に日本時間早朝に走行するのでこの3日間すごい眠気と戦いました。...

F1見るならフジテレビNEXT

テレビでF1を見る!と言えばフジテレビNEXTが有名。

F1とフジテレビの関わりは深く、地上波で放送している時もあれば、鈴鹿グランプリのタイトルスポンサーになっていた時期もありました

そんなフジテレビNEXTを【J:COM(ジェイコム)】でお得に見ることが出来ます。

フジテレビONE・TWO・NEXTをW社で契約すると2,079円/月(税込)掛かりますが、

J:COMなら1,485円/月(税込)

年間7,128円の節約に繋がります。

フジテレビNEXT ライブ・プレミアムを1チャンネルの契約では、W社1,749円/月(税込)。

J:COMは1,320円/月(税込)

年間5,148円お得に見る事が出来ます。

更に他のチャンネルとセットにすれば、プロ野球やモータースポーツ・サッカー・テニス・ゴルフなどさまざまな番組を楽しめちゃう

フジテレビNEXT公式サイト内で

【J:COM(ジェイコム)】で見るのがお得!!」

と紹介されているので、安心してご利用頂けます。

お得なサービスはこれだけでは終わりません!

J:COMの利用を以下のサービスと合わせる事でお得に利用出来ます。

  • 固定電話の利用
  • 携帯の契約
  • 電力
  • ガス

映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメ、エンターテインメント、バラエティ等のさまざまなジャンルを総合編成でお届けしているVODコンテンツの見放題パックの「メガパックVIDEO」

J:COMとのセットでauスマホの利用料金が安くなる「auスマートバリュー」

auユーザーは必見のサービスです

J:COMご加入の流れは簡単で手間は掛かりません。

出典【J:COM(ジェイコム)】

フジテレビNEXT公式サイトでもオススメされているJ:COMでF1を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ちきん
腕時計とアクセサリーが好き!好きな事でみんなと繋がれたら良いなと思って執筆してます。こだわりは強いタイプです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください